2018.1.2 15:01

渡辺康幸氏、花の2区の好記録に興奮「例年になくレベルが高かった」/箱根駅伝

渡辺康幸氏、花の2区の好記録に興奮「例年になくレベルが高かった」/箱根駅伝

渡辺康幸氏

渡辺康幸氏【拡大】

 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走往路(2日、東京・大手町-神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場107・5キロ)21チームが出場して行われ、東洋大が5時間28分29秒で4年ぶり6度目の往路優勝を飾った。1区(21・3キロ)で西山和弥(1年)が区間賞に輝くと、その後は一度も首位を譲ることなく、芦ノ湖のフィニッシュテープを切った。青学大は36秒差の2位だった。出雲駅伝優勝の東海大は5分40秒差の9位、全日本大学駅伝覇者の神奈川大は9分35秒差の15位に沈んだ。復路(109・6キロ)は3日に行われる(タイムは速報値)。

 テレビ解説を務めた元早大監督で現住友電工監督の渡辺康幸氏(44)は、各校のエースが集った花の2区(23・1キロ)について、「例年になく花の2区のレベルが高かった。1時間7分前半のレースが見られて興奮した」と青学大・森田歩希(3年)と山梨学院大のドミニク・ニャイロ(3年)が1時間7分15秒の同タイムで区間賞となった結果を歓迎した。

 現役時代にライバルたちとしのぎを削った同区間の盛り上がりに「強い選手が2区にくる。山上りの距離が短くなったことが大きい」と分析。3日の復路へ向け、「3位の早大までは総合優勝の可能性を残している。(6区の)山下りがポイントになると思う」と話していた。

  • 青学大の2区・森田歩希=横浜市戸塚区(撮影・矢島康弘)
  • 2区の山梨学院大・ドミニク・ニャイロ=横浜市戸塚区(撮影・矢島康弘)
  • 山梨学院大の2区・ドミニク・ニャイロから3区・首藤貴樹(左)へたすきがわたる=横浜市戸塚区(撮影・矢島康弘)
  • 青学大の2区・森田歩希から3区・田村和希(右)へたすきがわたる=横浜市戸塚区(撮影・矢島康弘)
  • 神奈川大の2区・鈴木健吾から3区・越川堅太(左)へたすきがわたる=横浜市戸塚区(撮影・矢島康弘)
  • 神奈川大の2区・鈴木健吾=横浜市戸塚区(撮影・矢島康弘)
  • 東洋大の2区・相沢晃から3区・山本修二(手前)へたすきがわたる=横浜市戸塚区(撮影・矢島康弘)
  • 東洋大の2区・相沢晃から3区・山本修二へたすきがわたる=横浜市戸塚区(撮影・矢島康弘)
今、あなたにオススメ
Recommended by