2018.1.2 12:46

4区は神奈川大・大塚が区間新!「自分の力を信じたことが結果に」/箱根駅伝

4区は神奈川大・大塚が区間新!「自分の力を信じたことが結果に」/箱根駅伝

小田原中継所を3位でたすきを引き継ぐ、神奈川大の4区大塚倭、5区荻野太成=神奈川県小田原市の小田原中継所(撮影・菊本和人)

小田原中継所を3位でたすきを引き継ぐ、神奈川大の4区大塚倭、5区荻野太成=神奈川県小田原市の小田原中継所(撮影・菊本和人)【拡大】

 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走往路(2日、東京・大手町-神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場107・5キロ)小田原中継所に1番に現れた東洋大・吉川洋次(1年)が1時間2分22秒でたすきを繋いだ。その後、4位から1つ順位を上げた神奈川大・大塚倭(4年)がさらに1秒上回る1時間2分21秒で区間新記録をたたき出した。

 大塚は区間新に「素直にうれしい。この1年間、往路で区間新を目標にしていたので、達成できてうれしいです」と喜んだ。「最後の箱根駅伝。区間新もいけるかな、と思っていて。誰に何を言われようと、僕は自分の力を信じていた。自分の力を信じたことが結果に繋がった」と振り返った。

  • 小田原中継所をトップでたすきを引き継ぐ、東洋大の4区吉川洋次、5区田中龍成=神奈川県小田原市の小田原中継所(撮影・菊本和人)
今、あなたにオススメ
Recommended by