2017.12.29 05:01

高木美、小平に3連敗も3枚目切符「まだやることはたくさんある」/スピード

高木美、小平に3連敗も3枚目切符「まだやることはたくさんある」/スピード

特集:
平昌五輪
女子1000メートルのレースを終え、笑顔の高木美帆=エムウエーブ

女子1000メートルのレースを終え、笑顔の高木美帆=エムウエーブ【拡大】

 スピードスケート・平昌五輪代表選考会第2日(28日、長野市エムウエーブ)女子1000メートルで既に代表に決まっている世界記録保持者の小平奈緒(31)=相沢病院=が1分14秒58の国内最高記録で1位となった。1分14秒79で2位だった高木美帆(23)=日体大助手=が1500メートル、3000メートルに続く代表入りを確実とした。

 今季3度目となる女王との同走だった女子1000メートル。高木美は勝機がちらついて力んだことで後半に伸びず、3連敗となったが、世界記録保持者を脅かし、堂々と3種目目の代表権をつかんだ。実績を残している団体追い抜き、マススタートで代表に選ばれれば、本番では5種目全てで頂点を狙える。「まだやることはたくさんある」と慢心することなく言い切った。

今、あなたにオススメ
Recommended by