2017.12.25 05:02

羽生は実績で選出 四大陸選手権出場せず…“ぶっつけ五輪”濃厚/フィギュア

羽生は実績で選出 四大陸選手権出場せず…“ぶっつけ五輪”濃厚/フィギュア

特集:
平昌五輪
羽生結弦
10月19日のGPシリーズロシア杯に出場した羽生。これまでの実績で五輪代表に選出された

10月19日のGPシリーズロシア杯に出場した羽生。これまでの実績で五輪代表に選出された【拡大】

 フィギュアスケート・全日本選手権最終日(24日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)絶対王者がいなければ、きっと五輪は始まらない。代表を発表した試合後のリンクで「羽生結弦」の名前がアナウンスされると、満員の客席で横断幕が揺れた。世界ランキング1位など、十分な実績を選考基準に照らし合わせて評価した日本スケート連盟が発表した。

 全日本選手権を終えて取材に応じた同連盟の小林芳子強化部長(62)は16日までに羽生サイドと連絡を取り、「氷に乗り始めた」と説明。11月にNHK杯の公式練習で右足関節外側靱帯(じんたい)損傷と診断され、右足首の腱と骨の炎症で回復が遅れて氷上練習再開のめどが立たないと14日に説明していたが、前進した形だ。

 この日発表された、平昌五輪前の主要国際大会である四大陸選手権(来年1月22日開幕、台北)代表には選出されず、ぶっつけで大一番を迎える可能性が高まった。羽生は10月下旬のロシア杯に出場して以来、実戦から遠ざかる。五輪で来年2月16日に組まれた男子SPを見据え、同9日からの団体が復帰戦の候補に挙がる。

 66年ぶりの五輪連覇が懸かる羽生は、練習拠点のカナダ・トロントで復帰へと励む。

  • フィギュアスケート男子・平昌五輪の有力選手
  • フィギュアスケート・2018年平昌五輪日程
  • フィギュアスケート・日本男子の五輪全成績