2017.12.20 12:40

横審、元日馬富士は「引退を勧告するに相当する事案」 臨時会合に報道陣殺到

横審、元日馬富士は「引退を勧告するに相当する事案」 臨時会合に報道陣殺到

特集:
元日馬富士・暴行問題
両国国技館で開かれた臨時の横綱審議委員会に臨む日本相撲協会の八角理事長(右から4人目)ら=東京・両国国技館(撮影・福島範和)

両国国技館で開かれた臨時の横綱審議委員会に臨む日本相撲協会の八角理事長(右から4人目)ら=東京・両国国技館(撮影・福島範和)【拡大】

 元横綱日馬富士の暴行事件を巡り20日、日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)の臨時会合が開かれた東京都墨田区の両国国技館には報道陣が殺到し、物々しい雰囲気に包まれた。

 北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)ら全9委員は予定開始時刻の午前10時から5分ほど遅れ、厳しい表情で会合の行われる部屋へ一斉に入った。

 相撲協会側は、調査の報告をする危機管理委員会の高野利雄委員長(元名古屋高検検事長)が八角理事長(元横綱北勝海)の隣に座った。尾車事業部長(元大関琴風)、鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)らが横審委員と向き合い、緊張感が漂った。

 約1時間半で会合は終了。北村委員長は険しい表情で元日馬富士について「引退を勧告するに相当する事案と判断した」と述べた。暴行現場の酒席に同席した白鵬、鶴竜については「厳重に注意すべきだと進言する」と会合の内容を説明した。

  • 両国国技館で開かれた臨時の横綱審議委員会に臨む日本相撲協会の八角理事長=東京・両国国技館(撮影・福島範和)
今、あなたにオススメ
Recommended by