2017.12.19 05:00

元日馬富士の退職金も検討 危機管理委「理事会が決めること」

元日馬富士の退職金も検討 危機管理委「理事会が決めること」

特集:
日馬富士・暴行問題
元横綱日馬富士

元横綱日馬富士【拡大】

 大相撲の元横綱日馬富士(33)による幕内貴ノ岩(27)への暴行事件で、日本相撲協会は20日、臨時の横綱審議委員会(横審)と理事会を開き、協会の危機管理委員会による報告を受けて関係者の処分を検討する。

 既に引退した元日馬富士に対して、協会としては処分できない。再発防止のため危機管理委が「引退勧告に相当する」などの処分案を提示するとの見方もあるが、危機管理委関係者は「(処分案は)出さない。理事会が決めること」との見解を示した。退職金などの支給について検討される可能性もある。一般男性への暴行問題で平成22年2月に引退した元横綱朝青龍の場合は、一般の退職金にあたる養老金約3700万円と特別功労金約1億2000万円などが支払われたとされる。

  • 日馬富士・暴行問題の主な経緯
  • 日本相撲協会の懲戒処分
今、あなたにオススメ
Recommended by