2017.12.14 15:27

元日馬富士「まるで牢屋にいるみたい」 伊勢ケ浜部屋の後援会長が証言

元日馬富士「まるで牢屋にいるみたい」 伊勢ケ浜部屋の後援会長が証言

元横綱日馬富士 

元横綱日馬富士 【拡大】

 大相撲の元横綱日馬富士が所属していた伊勢ケ浜部屋の後援会会長、小巻公平氏(75)が14日、フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜後1・45)にVTR出演。元日馬富士の引退の経緯について語った。

 元日馬富士は10月下旬に、鳥取市内の酒席で平幕貴ノ岩(27)を殴打。11月3日に神奈川県内で行われた小巻氏の誕生日パーティーに顔を出した際、事件の経緯を報告し、「何か知らないけど大きなことになっている」と話したという。

 元日馬富士は九州場所に強行出場したが、初日から連敗を喫し、事件が表面化した3日目から休場した。伊勢ケ浜宿舎には連日、多くの報道陣が駆けつけ、元日馬富士は小巻氏に「まるで牢屋にいるみたい」と事態の重大さを伝えたという。

 小巻氏は九州場所千秋楽の夜、元日馬富士と今後について、深夜3時近くまで話し合った。引退を決断した元横綱に「オーラがなくなった。もう無理だな。手を出したおまえが悪い」と諭すと、「そうです」と非を認めたという。