2017.12.13 20:44

貴ノ岩聴取なくても「大きな違いない」と協会関係者 20日に予定通り処分検討

貴ノ岩聴取なくても「大きな違いない」と協会関係者 20日に予定通り処分検討

特集:
日馬富士・暴行問題
貴ノ岩

貴ノ岩【拡大】

 大相撲の元横綱日馬富士による暴行事件で、被害者の平幕貴ノ岩の師匠、貴乃花親方(元横綱)が日本相撲協会危機管理委員会に対し、鳥取地検の元日馬富士への処分が出るまで貴ノ岩の聴取に応じないとする文書を12日に送っていたことが13日、協会関係者の話で分かった。協会は13日を聴取日に指定していたが、貴乃花親方はこれを拒否した。

 相撲協会は最終報告をまとめるとしていた20日の臨時理事会までに聴取を目指すが、実施は厳しく収束には至らない。危機管理委は20日に予定通り、調査報告を行う。11月30日の理事会で公表した報告から進展のない内容となりそうだが、関係者は「貴ノ岩の被害感情が入らないだけ。暴行の状況はほとんど把握できているので(聴取できなくても)大きな違いはない」と説明した。

 20日の臨時理事会では予定通り処分も検討。協会関係者によると、貴乃花親方は秋巡業中の出来事にもかかわらず、巡業部長として報告義務を怠った点、元日馬富士の師匠、伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)には監督責任を問う。

今、あなたにオススメ
Recommended by