2017.12.7 05:02

冬巡業休場中の貴ノ岩の診断書未だ届かず…八角理事長「元気でいてくれれば」

冬巡業休場中の貴ノ岩の診断書未だ届かず…八角理事長「元気でいてくれれば」

特集:
日馬富士・暴行問題

 日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海、54)は6日、元横綱日馬富士(33)から暴行を受けて負傷し、冬巡業を休場中の幕内貴ノ岩(27)=貴乃花=について、「とにかく貴ノ岩の体調が心配だ。師匠(貴乃花親方=元横綱、45)によると相当具合が悪いという。元気でいてくれればいいが、どう悪化しているか分からない」と案じた。

 貴ノ岩は11月の九州場所の全休に際し「脳振とう、左前頭部裂傷」などで全治2週間程度との診断書を提出したが、冬巡業休場に伴う診断書は出していない。八角理事長はけがの状態が不明瞭なことを憂慮し「被害者なのだから協会としても体調が一番心配。かわいそうだ」。貴ノ岩の所在地については「部屋と聞いているが、(東京か福岡の九州場所宿舎かの)どっちか分からない」とした。

 また、前日5日に診断書提出の要請のため、東京・江東区の貴乃花部屋を訪問したものの貴乃花親方が不在で、文書をポストに入れて戻った鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜、59)はこの日、「それ(提出期限)は書いていない。くると思うよ。あすくらいに」との見通しを示した。

今、あなたにオススメ
Recommended by