2017.12.7 19:52

太田会長、集客に意欲「来てよかったと思う理由たくさんつくりたい」/フェンシング

太田会長、集客に意欲「来てよかったと思う理由たくさんつくりたい」/フェンシング

記者会見でポーズをとる日本フェンシング協会の太田雄貴会長(左端)と選手たち=7日、駒沢体育館

記者会見でポーズをとる日本フェンシング協会の太田雄貴会長(左端)と選手たち=7日、駒沢体育館【拡大】

 フェンシングの全日本選手権個人戦第1日は7日、東京・駒沢体育館で行われ、男子サーブルは宮山亮(オリエンタル酵母工業)ストリーツ海飛(鹿児島ク)が10日の決勝に進んだ。

 日本フェンシング協会の太田会長は、記者会見で「フェンシングが分からない人にも楽しい、面白い、そして感動する大会にしたい」と集客に意欲を示した。

 今年は、太田会長の方針で男女計6種目の決勝をすべて日曜日の10日に行うことにした。日本一を決める試合を連続して見られるようにし、観客を増やすことが狙いという。決勝戦は発光ダイオード(LED)を使った演出も行われる予定で、太田会長は「来てよかったと思う理由をたくさんつくりたい」と話した。

  • 記者会見する日本フェンシング協会の太田雄貴会長=7日、駒沢体育館
  • フェンシング女子エペ個人で吉村美穂(左)を破り決勝進出を決めた馬場晴菜=駒沢体育館
  • フェンシング男子サーブル個人で島村智博(奥)を破り決勝進出を決めた宮山亮=駒沢体育館
今、あなたにオススメ
Recommended by