2017.12.6 21:21

頸椎損傷事故、なぜ明らかにしなかった? 複数の関係者が質問状/レスリング

頸椎損傷事故、なぜ明らかにしなかった? 複数の関係者が質問状/レスリング

 9月にレスリング男子強化合宿に参加した学生選手(21)が頸椎損傷の大けがを負った事故で、複数のレスリング関係者が6日、詳細の公表や再発防止の指導などを求めた質問状をスポーツ庁などに提出した。日本協会が合宿に団体保険を掛けていなかったことや事故を明らかにしないことを問題視し「選手や学生に事故が起きても補償がされず、闇に葬られるのではないかと不安が広がっている」としている。

 代理人の弁護士によると、複数の関係者は今後も競技を通じて日本協会に関与するため、不利益な扱いを受けないように匿名としている。スポーツ庁の競技スポーツ課は「内容を精査して、対応を検討する」と話している。

 学生選手への補償について、日本協会の高田裕司専務理事は「弁護士を通じて、真摯に対応する」と説明しており、栄和人強化本部長は「練習中は(危険な)大きな技をしないように各所属にも徹底する」と再発防止を強調している。

今、あなたにオススメ
Recommended by