2017.12.6 20:39

床姉妹、そろって代表入り!「メダルを父と母にかけてあげられたら」/アイスホッケー

床姉妹、そろって代表入り!「メダルを父と母にかけてあげられたら」/アイスホッケー

 日本アイスホッケー連盟は6日、東京都内で記者会見を開き、来年の平昌冬季五輪に出場する女子の日本代表として、FWの大沢ちほ(道路建設ペリグリン)や久保英恵(西武)、GK藤本那菜(ボルテックス札幌)ら23人を発表した。

 23歳の床亜矢可と20歳の秦留可(ともに西武)の姉妹がそろって代表入りした。2大会連続出場の姉は「(前回は妹が)最後の最後で一緒に行けなかった。その分うれしい」とほっとした表情。秦留可は「私よりも悔しがってくれた姉に、4年後に行こうと言われていたので」と笑顔を見せた。

 姉妹間で前回大会の話をすることは少なく、家で映像を見返すこともほとんどなかったという。目標の一つを果たし、亜矢可は「(前回)複雑な思いをしていたのは両親だと思う。姉妹で二つメダルを取れるので、それぞれ父と母にかけてあげられたら」と次の夢を語った。

今、あなたにオススメ
Recommended by