2017.12.6 14:34

宮原、GPファイナルへ調整 繰り上がりでの出場に「ラッキーなチャンス逃したくない」/フィギュア

宮原、GPファイナルへ調整 繰り上がりでの出場に「ラッキーなチャンス逃したくない」/フィギュア

特集:
宮原知子
公式練習に臨む宮原知子=日本ガイシホール(撮影・納冨康)

公式練習に臨む宮原知子=日本ガイシホール(撮影・納冨康)【拡大】

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル(7日開幕、名古屋)の公式練習が6日、名古屋市内で行われ、平昌五輪代表候補で女子の宮原知子(さとこ、19)=関大=ら日本勢が調整した。

 世界女王のエフゲニア・メドベージェワ(18)ら有力選手の多いフィギュア大国ロシアは、国際オリンピック委員会(IOC)の5日の理事会後に選手団の平昌五輪派遣を禁止された。異例の事態に、日本のエース宮原は「自分のことに精いっぱいで全然考えられていない。でも、どの国の選手も五輪には出場してほしい」と考えを述べた。

 この日はフリーの曲をかけて練習に臨んだ。メドベージェワの負傷欠場により補欠の1番手から繰り上がりで出場が決まった宮原は「ラッキーなチャンスを逃したくない」と気を引き締めていた。

  • 公式練習に臨む宮原知子=日本ガイシホール(撮影・納冨康)
  • 公式練習に臨む宮原知子=日本ガイシホール(撮影・納冨康)
  • 練習する宮原知子=日本ガイシホール(撮影・松永渉平)