2017.12.3 05:02

ルンビから大差…沙羅、開幕戦まさかの4位「今の自分の立ち位置」/ジャンプ

ルンビから大差…沙羅、開幕戦まさかの4位「今の自分の立ち位置」/ジャンプ

特集:
平昌五輪
高梨沙羅
W杯初戦は4位に終わり、引き揚げる高梨沙羅=リレハンメル(共同)

W杯初戦は4位に終わり、引き揚げる高梨沙羅=リレハンメル(共同)【拡大】

 ノルディックスキー・W杯ジャンプ女子個人第1戦(1日=日本時間2日、リレハンメル(ノルウェー)=HS98メートル、K点90メートル)W杯今季開幕戦。高梨沙羅(21)=クラレ=は93メートル、89メートルで合計252・0点の4位にとどまり、ジャンプの男女を通じて歴代単独最多の通算54勝目は持ち越しとなった。伊藤有希(23)=土屋ホーム=は93・5メートル、87・5メートルの246・1点で5位。地元・ノルウェーのマーレン・ルンビ(23)が271・5点で通算5勝目を挙げた。

 高梨は2本とも不利な追い風の中、空中でバランスを崩し、失速。1月の蔵王大会(5位)以来、9試合ぶりにW杯で表彰台を逃し、通算54勝目は持ち越しとなった。優勝したルンビには19・5点の大差をつけられ、「この順位が今の自分の立ち位置」と海外勢の急成長に危機感を募らせた。金メダルを狙う平昌五輪へ、「自分に勝てるように頑張っていきたい」と前を向いた。 (石井文敏)

伊藤有希「トレーニングでいいジャンプができていたのに、かみ合わなかった」

  • 初戦で4位に終わり、引き揚げる高梨沙羅=リレハンメル(共同)
  • 女子で4位だった高梨沙羅の飛躍=リレハンメル(共同)
  • 5位だった伊藤有希の飛躍=リレハンメル(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by