2017.12.2 07:42

沙羅、バランス崩し4位「この順位が、いまの自分の立ち位置」/ジャンプ

沙羅、バランス崩し4位「この順位が、いまの自分の立ち位置」/ジャンプ

特集:
高梨沙羅

 【リレハンメル(ノルウェー)1日(日本時間2日)】ノルディックスキー・W杯ジャンプ女子の今季個人開幕戦(ヒルサイズ=HS98メートル)が行われ、平昌五輪金メダル候補の高梨沙羅(21)=クラレ=は93メートル、89メートルの合計252・0点で4位にとどまり、ジャンプの男女を通じて歴代単独最多の通算54勝目は持ち越しとなった。

 空中でバランスを崩し、立て直せなかった。これまでW杯では、出場90戦で53勝、表彰台は79度経験していた実力者。今年1月の蔵王大会(5位)以来に表彰台を逃し「この順位が、いまの自分の立ち位置なのかな」と現状を受け止めた。

 残り2カ月後の平昌五輪に向けては「ここから調子を上げていけるように、目の前にある課題をクリアしたい」。この敗戦を糧にして、高梨は世界の強豪に立ち向かう。

今、あなたにオススメ
Recommended by