2017.11.27 16:03(3/3ページ)

貴乃花親方「叩かれようが、さげすまれようが力士を育てていく」 打ち上げで明言

貴乃花親方「叩かれようが、さげすまれようが力士を育てていく」 打ち上げで明言

貴乃花親方

貴乃花親方【拡大】

 (中略)

 とりあえず今日で千秋楽となりました。明日から1週間、土曜日にはもう巡業に出発いたします。それまでの間、いつも力士たちに言っているんですが、また次の場所が2カ月もたたないうちにやってきます。今場所が終わった次の日から、身体を休める、身体を鍛える、精神を養う、精神を休める、よく眠る、熟睡する。その心掛けが次の場所への土台になっていきます。(場所中の)15日間というのは、とても過酷です。それだけに、夜も朝も昼も鍛錬、食事、睡眠、これを心がけて三位一体で努力はもちろんのこと精進していく構えであるべきと考えております。

 私が自分でこの部屋の代を継いだ後にも、その以前から私の師匠の教えでもありました。けれども、私は自分の弟子で本気で相撲道に向き合う力士しか育てたくありません。また、その信念でやっております。決して相手を傷つけることなく、勝負が終わったならば、相手に手を差し伸べられるだけの度量、器量、実力を身につけさせたいと思います。

 うちの力士たち、私は常に怖い存在でいると思います。ですので、支援者の皆さま方をはじめに、とってもかわいく甘え上手なところがあるかもしれませんが、皆様どうか、彼らの人生を考えていただきますと、とにかく厳しく。休みながらこそ、眠る、食べる、鍛えるということをやっていくようなお力添え、ご指導、ご鞭撻を彼らにいただけましたらと思います。

 そしてやはり、日本国体を担う相撲道の精神、相撲道の精神とは、角道と言います。角(くら)べる道と書きます。私どもが相撲協会教習所に入りますと、陛下が書かれた角道の精華という訓があります。これを見て、いちばん最初に学びます。

 この角道の精華に嘘つくことなく、本気で向き合って担っていける大相撲を。角界の精華を貴乃花部屋は叩かれようが、さげすまれようが、どんなときであれども、土俵にはい上がれる力士を育ててまいります。そのためには私自身も親方、師匠として腰引くことなく、芋を引くことなく、まっすぐと向き合って皆さまのご支援に報いるよう精進いたします。

 本日はごゆっくりしていただきましたら。また、ご参堂たまわりまして、ありがとうございました。

今、あなたにオススメ
Recommended by