2017.11.27 05:01

ユニバーサル、5年ぶりV!4区の伊沢が逆転へ流れつくった/駅伝

ユニバーサル、5年ぶりV!4区の伊沢が逆転へ流れつくった/駅伝

5年ぶり2度目の優勝を果たし、喜ぶユニバーサルエンターテインメントの選手たち=弘進ゴムアスリートパーク仙台

5年ぶり2度目の優勝を果たし、喜ぶユニバーサルエンターテインメントの選手たち=弘進ゴムアスリートパーク仙台【拡大】

 陸上・全日本実業団対抗女子駅伝(26日、宮城・松島町文化観光交流館前-弘進ゴムアスリートパーク仙台=6区間、42・195キロ)ユニバーサルエンターテインメントが2時間16分45秒で5年ぶり2度目の優勝を果たした。ユニバーサルエンターテインメントは5区途中まで首位だったパナソニックをかわしてトップに立った。2位は22秒差でパナソニック、3位はダイハツだった。

 ユニバーサルエンターテインメントの4区、伊沢が逆転の流れをつくった。首位パナソニックと44秒差の4位で走り始めた。強い向かい風で、他のチームがけん制し合うのを横目に、1人で仕掛けた。ペースを上げ、トップと9秒差まで迫り、次につなげた。「1秒でも速くつなごうと思った」と振り返った。指導を委託された佐倉ACの小出義雄代表も「みんなよく走ってくれた」と相好を崩した。

  • 2時間16分45秒で優勝し、ゴールするユニバーサルエンターテインメントのアンカー猿見田裕香=弘進ゴムアスリートパーク仙台
  • 2位でゴールするパナソニックのアンカー内藤早紀子=弘進ゴムアスリートパーク仙台
今、あなたにオススメ
Recommended by