2017.11.21 17:25

北島康介さん「皆の手で五輪メダル作ろう」 東京五輪、パラで携帯回収を呼び掛け

北島康介さん「皆の手で五輪メダル作ろう」 東京五輪、パラで携帯回収を呼び掛け

「都市鉱山」を活用する取り組みを盛り上げるイベントに登場した北島康介さん(左から2人目)ら=21日午後、東京都庁

「都市鉱山」を活用する取り組みを盛り上げるイベントに登場した北島康介さん(左から2人目)ら=21日午後、東京都庁【拡大】

 2020年東京五輪・パラリンピックのメダルに、不要になった携帯電話などの「都市鉱山」を活用する取り組みを盛り上げるため、東京都が21日、都庁内でイベントを開いた。競泳男子平泳ぎで04年アテネ、08年北京両五輪2冠の北島康介さんが登場し「皆さんの手でメダルを作ってもらえたら」と呼び掛けた。

 イベントには小池百合子知事も参加。「師走を迎え、大掃除の時期になる。家に眠っている古い携帯やパソコンには金銀銅がたくさん詰まっている。道半ばなので、ぜひ協力してほしい」とあいさつした。

 北島さんは「国民が一丸となってメダルを作ることは、選手にとって支えになり、世界からも注目されるプロジェクト。全国に声を掛けていきたい」と強調した。

 都によると、東京大会で授与する約5千個のメダルを作るためには、携帯なら約2千万台分が必要となる。都や大会組織委員会は今年4月から、パソコンやデジタルカメラなどのリサイクル金属の回収を開始。都庁ではこれまで約7万3千台の携帯を回収した。

  • 「都市鉱山」を活用する取り組みを盛り上げるイベントに登場した北島康介さん。左は東京都の小池百合子知事=21日午後、都庁
今、あなたにオススメ
Recommended by