2017.11.15 21:05

小関、3年前の記録更新「しっかり狙って出した記録」/競泳

小関、3年前の記録更新「しっかり狙って出した記録」/競泳

男子50メートル平泳ぎ決勝 26秒06の短水路日本新で優勝した小関也朱篤=東京辰巳国際水泳場

男子50メートル平泳ぎ決勝 26秒06の短水路日本新で優勝した小関也朱篤=東京辰巳国際水泳場【拡大】

 短水路(25メートルプール)で争う競泳のワールドカップ(W杯)東京大会最終日は15日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子50メートル平泳ぎは小関也朱篤(ミキハウス)が26秒06の短水路日本新で優勝した。

 男子50メートル平泳ぎの小関は2014年2月に出した自身の短水路日本記録を0秒26も更新した。鋭く飛び出すと水中で力強く前に進み、一気に加速。勢いを保ったままゴールし「しっかり狙って出した記録。久々に更新できてうれしい」と素直に喜んだ。

 14日の100メートルに続く頂点。スピード強化の成果が出た上に、2日連続でプロゴダ(ロシア)との接戦を制した勝負強さも光った。お家芸を背負うスイマーは「力は付いている」と実感を込めて語った。

今、あなたにオススメ
Recommended by