2017.11.15 05:03

日馬暴行に貴乃花親方「わたしにも責任」日馬と伊勢ケ浜親方は謝罪できず

日馬暴行に貴乃花親方「わたしにも責任」日馬と伊勢ケ浜親方は謝罪できず

特集:
日馬富士・暴行問題
日本相撲協会の事情聴取に向かう貴乃花親方(右)=14日午後、福岡市の福岡国際センター

日本相撲協会の事情聴取に向かう貴乃花親方(右)=14日午後、福岡市の福岡国際センター【拡大】

 大相撲の横綱日馬富士(33)=伊勢ケ浜部屋=が10月の宴席で、東前頭8枚目の貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=に暴行を加えて大けがを負わせていたことが14日、分かった。

 貴乃花親方は、協会の聴取に対して「危機管理委員会にお任せし、指示に従う。いち早く究明したい」と伝えたという。協会側によると、巡業部長でもあることから「(管理責任に)至らないところがあった。わたし個人にも責任がある」と反省の弁も漏らしたが、報道陣を前に説明することはなかった。

 一方、日馬富士が所属する伊勢ケ浜部屋には朝から報道陣が殺到。日馬富士は午前8時半ごろから淡々と十両力士に胸を出すなどして同9時40分すぎに稽古を終えると、報道陣を前に「大変迷惑をかけたことを深くおわび申し上げます」と謝罪し、暴行を認めた。

 日馬富士の師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は福岡国際センターで協会の事情聴取を受けた後、日馬富士と貴乃花部屋へ。師匠は「謝罪と、どこまでのあれ(けがの具合)かを聞きにいく」と話したが、貴乃花部屋では貴乃花親方と入れ違いになったようで、その場では直接謝罪することはできなかった。

 伊勢ケ浜親方は十両の取組で審判長を務めた後、「今は場所中だから相撲のことに…。もう(協会に)しゃべったから」と歯切れが悪く、帰りの車に乗った。

  • 大相撲九州場所の会場の福岡国際センターに到着した貴乃花親方
  • 謝罪のため部屋を出る伊勢ケ浜親方と日馬富士=福岡県・太宰府天満宮(撮影・中島信生)
  • 宿舎を出て貴乃花部屋へ謝罪に向かう日馬富士関=福岡県太宰府市
  • 日本相撲協会の事情聴取を終えた伊勢ケ浜親方=14日午後、福岡市の福岡国際センター
  • 日本相撲協会の事情聴取を終えた伊勢ケ浜親方(左)=14日午後、福岡市の福岡国際センター
今、あなたにオススメ
Recommended by