2017.11.15 19:55

パラバドミントン日本代表、世界選手権へ合宿公開

パラバドミントン日本代表、世界選手権へ合宿公開

合宿で調整する障害者バドミントンの鈴木亜弥子=15日、東京都江戸川区

合宿で調整する障害者バドミントンの鈴木亜弥子=15日、東京都江戸川区【拡大】

 障害者バドミントンの世界選手権(22~26日、蔚山=韓国)に出場する日本代表が15日、東京都内で合宿を公開し、女子シングルス(上肢障害SU5)で世界ランキング1位の鈴木亜弥子(七十七銀行)は「ことしの目標は世界ランク1位と、世界選手権で優勝することの二つ。いよいよという気持ち」と意気込みを語った。

 日本選手は車いす、立位の計6クラスに28人が出場する。男子(下肢障害SL3)の藤原大輔(LINE)は「今シーズン、一番意識してきた大会。メダルを目指して頑張りたい」と力を込めた。

今、あなたにオススメ
Recommended by