2017.11.15 18:49

7歳の少年がA東京に入団 長期療養必要な人形君、NPO支援で実現/Bリーグ

7歳の少年がA東京に入団 長期療養必要な人形君、NPO支援で実現/Bリーグ

A東京と“契約”し、選手らと記念撮影に臨んだ人形(ひとかた)櫂世(かいせい)君(前列中央)=15日、東京都府中市(撮影・奥村信哉)

A東京と“契約”し、選手らと記念撮影に臨んだ人形(ひとかた)櫂世(かいせい)君(前列中央)=15日、東京都府中市(撮影・奥村信哉)【拡大】

 バスケットボール男子のBリーグ、A東京は15日、股関節の病気のため長期療養が必要な東京都狛江市の人形櫂世君(7)の入団を発表した。期間は4カ月で、チーム練習への参加や、試合を観戦する予定。東京都内で入団式に臨んだ人形君は背番号14のユニホームを着て「ボールを取ったり、パスをしたり、いっぱい楽しみたい」と笑みを浮かべた。

 今回の入団は療養生活を送る子どもを支援するNPO法人「Being ALIVE Japan」にBリーグが協力して実現。人形君は今春「ペルテス病」と診断された。大腿骨の頭の部分への血流が何らかの原因で途絶え、骨の壊死などが起こる病気で、現在は脚に補助具を付けて生活している。

 人形君の母貴久美さんは「(日々の生活で)嫌なこともあると思うけれど、楽しめることがあるから大丈夫という気持ちになってほしい」と話した。

  • A東京のルカ・パビチェビッチ監督からユニホームを受け取る人形(ひとかた)櫂世(かいせい)君(右)=15日、東京都府中市(撮影・奥村信哉)
今、あなたにオススメ
Recommended by