2017.11.14 20:21

八角理事長、日馬富士暴行問題で謝罪「脇を締めていたつもりだけど残念だ」/九州場所

八角理事長、日馬富士暴行問題で謝罪「脇を締めていたつもりだけど残念だ」/九州場所

特集:
日馬富士・暴行問題
引き揚げ時、テレビのインタビューに答える八角理事長=福岡国際センター(撮影・中島信生)

引き揚げ時、テレビのインタビューに答える八角理事長=福岡国際センター(撮影・中島信生)【拡大】

 大相撲の東横綱日馬富士(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が平幕貴ノ岩(27)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃花部屋=に暴行を振るって大けがを負わせた問題を受け、日本相撲協会は14日、危機管理委員会の調査を始めると発表した。

 師匠である伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は暴行の事実を認めているが、相撲協会は日馬富士関に対する処分や調査結果は九州場所中に出さず、事実関係が判明するまで先送りするという。

八角・日本相撲協会理事長(元横綱北勝海)の話「場所中に申し訳ない。今までいろいろな講習会を開き、脇を締めていたつもりだけど残念だ。今後もやることはきちっとやっていくし、指導というものはずっとしていかなければいけない」

3日目結果へ4日目取組へ

  • 日馬富士関の暴行問題で、厳しい表情で記者の質問に答える日本相撲協会の八角理事長=福岡市の福岡国際センター
今、あなたにオススメ
Recommended by