2017.11.14 12:39

やく氏、暴行の日馬富士は「身を引かなければいけない事態に発展するのではないか」/九州場所

やく氏、暴行の日馬富士は「身を引かなければいけない事態に発展するのではないか」/九州場所

やくみつる氏

やくみつる氏【拡大】

 漫画家のやくみつる氏(58)が14日、フジテレビ系「FNNスピーク」(月~金曜前11・30)に電話出演。大相撲の横綱日馬富士(33)が10月の秋巡業中に平幕貴ノ岩(27)を殴打して大けがを負わせたことに言及した。

 日馬富士は10月26日夜に開かれた会食の席で、貴ノ岩にビール瓶などで暴力を振るったとされる。貴ノ岩は「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」と診断され、九州場所は初日から休場している。

 やく氏は「貴ノ岩の休場の理由が釈然としなくて、憶測を呼んでいたけど、まさかこういったことが原因だったのかと驚いている」と信じられない様子。続けて「(暴行が)事実とすればアウトでしょうね。身を引かなければいけない事態に発展するのではないか」と日馬富士に厳しい見解を示した。

 その一方で、「本場所が始まって3日目までつまびらかにしていなかった、協会側の対応も当然責められてくることになるのでは」と日本相撲協会の対応を疑問視した。

今、あなたにオススメ
Recommended by