2017.11.14 10:00

誉富士、初日出た!旭秀鵬をはたき込んで1勝1敗/東北スポーツ

誉富士、初日出た!旭秀鵬をはたき込んで1勝1敗/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
旭秀鵬(右)をはたき込んで、今場所初白星を挙げた誉富士 (撮影・仲道裕司)

旭秀鵬(右)をはたき込んで、今場所初白星を挙げた誉富士 (撮影・仲道裕司)【拡大】

 九州場所2日目(13日、福岡国際センター)初日黒星スタートした東十両筆頭の誉富士(32)は、旭秀鵬(29)をはたき込み、1勝1敗の五分とした。

 立ち合い、旭秀鵬のかち上げに一瞬上体が起きた誉富士。無理して出ると、四つ相撲の相手の思うツボになる。

 体勢を立て直そうと、いったん下がって頭を低くし、勇んで相手が出てきたところを左に回り込んではたき込んだ。

 「頭を低くして、体勢を崩さなかったのがよかった。頭の中で考えたわけではなく、体に自然と染みこんだ動きです」

 誉富士は2日目に出た今場所初白星を振り返った。32歳になり、そろそろ馬力も衰えてきた。押し切る相撲から、前みつを取って頭をつけたり、出し投げで崩すような相撲も研究中という。

 「トシだからとあきらめず、いろいろやってみないとね。まだ、完成度は6割くらい。そのうちモデルチェンジするので楽しみに」。最後は白い歯をみせた。

今、あなたにオススメ
Recommended by