2017.11.14 16:56

アイスホッケー女子、五輪メンバー決定へ合宿スタート

アイスホッケー女子、五輪メンバー決定へ合宿スタート

代表候補合宿で練習するチーム最年長の小野粧子=白鳥王子アイスアリーナ

代表候補合宿で練習するチーム最年長の小野粧子=白鳥王子アイスアリーナ【拡大】

 来年の平昌冬季五輪に出場するアイスホッケー女子日本代表の候補合宿が14日、北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで始まった。代表メンバー決定前最後の合宿となる見通しで、山中武司監督は「選考しながらチームの完成度を上げているので難しい部分もあるが、選手には自分の良さを出してもらいたい」と最後のアピールに期待した。

 代表候補25人から23人に絞り込まれる。最年長の36歳、小野粧子(御影グレッズ)は初の五輪代表入りへ「ここでいかに自分のいいところを出せるか。楽しめたら結果はついてくると思う」と意欲を示した。

 合宿は20日まで行われ、高校男子の強豪、駒大苫小牧などと練習試合を行う。

  • 代表候補合宿で山中武司監督(手前)の指示を聞く選手たち=白鳥王子アイスアリーナ
今、あなたにオススメ
Recommended by