2017.11.14 11:31

国連、平昌五輪期間の停戦決議案を採択 キム・ヨナさんがスピーチ

国連、平昌五輪期間の停戦決議案を採択 キム・ヨナさんがスピーチ

国連総会での停戦決議採択後、記者会見するキム・ヨナさん=13日、ニューヨークの国連本部(共同)

国連総会での停戦決議採択後、記者会見するキム・ヨナさん=13日、ニューヨークの国連本部(共同)【拡大】

 国連総会(193カ国)本会議は13日、韓国で来年開かれる平昌冬季五輪・パラリンピックの間は武力紛争を控え、停戦するよう加盟国に求める決議案を無投票で採択した。同種の決議は五輪前年の恒例。五輪開始の7日前からパラリンピック最終日の7日後まで停戦し、参加選手や関係者の往来の安全を保証するよう求めた。

 採決に先立ち、大会広報大使で2010年のバンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子金メダリストのキム・ヨナさんも議場でスピーチ。10歳のころに見たシドニー五輪開会式での韓国と北朝鮮の同時行進を振り返りながら「平昌五輪を通じ、平和のメッセージが世界に広がると信じている」と訴えた。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by