2017.11.13 05:05(1/4ページ)

「絶対安静10日間」羽生、全日本での復帰へ悲壮覚悟/フィギュア

「絶対安静10日間」羽生、全日本での復帰へ悲壮覚悟/フィギュア

特集:
平昌五輪
羽生結弦
10月下旬のロシア杯後に取材に応じる羽生。2位に終わったこともあり、巻き返しに意欲を燃やしていた (共同)

10月下旬のロシア杯後に取材に応じる羽生。2位に終わったこともあり、巻き返しに意欲を燃やしていた (共同)【拡大】

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯(大阪市中央体育館)を右足関節外側靱帯(じんたい)損傷のために欠場した男子の羽生結弦(22)=ANA=が12日、日本スケート連盟を通じてコメントを発表した。「10日間は絶対安静と医師から言われた。その後、3~4週間で(パフォーマンスが)元に戻るとみている」と説明。来年2月の平昌五輪代表が決まる最終選考会、全日本選手権(12月21日開幕、東京)での復帰を改めて強調した。

【続きを読む】

  • NHK杯の公式練習で、ジャンプの着氷に失敗した羽生結弦
  • 日本男子の平昌五輪への道
  • 羽生結弦・今季成績
  • 羽生の負傷箇所
今、あなたにオススメ
Recommended by