2017.11.12 18:24

内山、9位で日本勢2番手も悔しさ「風にやられて思うように体動かなかった」/マラソン

内山、9位で日本勢2番手も悔しさ「風にやられて思うように体動かなかった」/マラソン

9位でゴールする内山真由美=さいたまスーパーアリーナ

9位でゴールする内山真由美=さいたまスーパーアリーナ【拡大】

 2020年東京五輪のマラソン代表選考会への出場権が懸かる「グランドチャンピオン(GC)シリーズ」の一つ、女子のさいたま国際マラソンは12日、さいたまスーパーアリーナ発着で行われ、内山真由美(ニトリ)が2時間41分27秒で9位だった。

 日本勢2番手の9位となった内山は、山梨学院高時代にテニスで全国高校総体に出場した経歴を持つ25歳。「強気のレースをしたが、後半は風にやられて思うように体が動かなかった」と悔しがった。

 一昨年大会2位の36歳、吉田は15キロすぎに先頭集団から脱落して12位に終わった。「直前まで筋肉痛が抜けなくてコンディションづくりに失敗した」と肩を落とした。

  • 12位でゴールする吉田香織=さいたまスーパーアリーナ
今、あなたにオススメ
Recommended by