2017.11.7 20:22

SC軽井沢ク、両角友が好ショットで全勝突破/カーリング

SC軽井沢ク、両角友が好ショットで全勝突破/カーリング

ニュージーランド戦で放ったストーンの行方を見る両角友(中央)=エリナ(共同)

ニュージーランド戦で放ったストーンの行方を見る両角友(中央)=エリナ(共同)【拡大】

 カーリングの世界選手権出場を懸けたパシフィック・アジア選手権第6日は7日、オーストラリアのエリナで1次リーグが行われ、男子で連覇を狙う五輪代表のSC軽井沢クは1次リーグ最終戦でニュージーランドに9-1で圧勝し、8戦全勝となった。

 昨年大会は1次リーグで2敗したSC軽井沢クは、全勝で勝ち上がった。スキップ両角友が第1、2エンドに1投で相手の石二つを同時にはじく好ショットを決め、第7エンドには一挙5点で手堅いニュージーランドを退けた。司令塔は「厳しいショットが決まって良かった」と笑顔を見せた。

 日本協会の方針で、今大会3位以内で日本の出場枠を獲得しても、来年の世界選手権にSC軽井沢クは出られない。日本男子の第一人者は「誰かが世界へ行けば日本が強くなる。そのためにも勝ちたい」と準決勝を見据えた。(共同)

  • ニュージーランド戦でショットを放つ両角友。左は両角公、右は山口=エリナ(共同)
  • ニュージーランド戦でショットを放つ両角友。中央は両角公、右は山口=エリナ(共同)
  • ニュージーランドに勝ち、喜ぶ清水(右から2人目)ら=エリナ(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by