2017.11.7 21:20

JOC、指導者が「気持ち良く現場に出られるように」 所属先に協力要請へ

JOC、指導者が「気持ち良く現場に出られるように」 所属先に協力要請へ

 日本オリンピック委員会(JOC)は7日、東京都内で選手強化常任委員会を開き、2020年東京五輪を見据え、指導者を対象にした「特別強化認定制度」(仮称)を年内に導入することを決めた。メダル獲得が期待される選手の指導者を中心に、所属先に対し、JOCから協力要請の文書を出す。

 少人数を想定しており、今後各競技団体から候補者を募り、対象を決める。福井烈選手強化副本部長は「指導者がもっと気持ち良く現場に出られるようになってほしい」と狙いを説明した。

今、あなたにオススメ
Recommended by