2017.11.7 23:18

朝比奈、東海大退部も「関係は円満」/柔道

朝比奈、東海大退部も「関係は円満」/柔道

 今夏の柔道世界選手権女子78キロ超級銀メダルで全日本女王の朝比奈沙羅(東海大)が7日、東海大柔道部を9月末に退部し、独自での活動を決断したことに対し「これからは自分との勝負。結果にこだわっていきたい」と言及した。

 朝比奈は退部により朝稽古に参加する必要がなくなり、高校時代から希望していた将来の医学部受験への勉強時間が増えたという。現在は出稽古に加え、東海大男子の練習にも合流しており「(環境は)あまり変わらない。(東海大との)関係は円満」と説明した。

 7日は世界無差別級選手権(11、12日、マラケシュ=モロッコ)への出発前に羽田空港で取材に応じた。「世界選手権後で初めての試合なので、悔しい気持ちを忘れず、しっかり無念を晴らしてきたい」と意気込んだ。

今、あなたにオススメ
Recommended by