2017.11.5 20:23

東洋大、勢いに乗って連覇 大将を務めた城山「全部報われた」

東洋大、勢いに乗って連覇 大将を務めた城山「全部報われた」

団体戦で2連覇を達成し、喜ぶ東洋大・城山=堺市大浜相撲場

団体戦で2連覇を達成し、喜ぶ東洋大・城山=堺市大浜相撲場【拡大】

 相撲の全国学生選手権最終日は5日、堺市大浜相撲場で団体戦が行われ、東洋大が決勝で日大を3-2で下して2年連続5度目の優勝を決めた。

 東洋大が前評判通りの強さを見せて連覇を果たした。浜野監督は「いい選手がそろったということ。勢いに乗ったチームが強い」と喜んだ。

 大将を務めた城山は、高校時代から大将戦では力を出し切れなかったそうで「不向き」と自認。しかしこの日の決勝では、過去勝ったことがないという片村を相手に突き、押しで積極的に前に出て、押し倒した。殊勲の勝利に大きなガッツポーズ。「全部報われた。個人で勝てなかった分、頑張ろうと思った」と土俵上で目頭を押さえた。

 新保主将は下級生が挙げた三つの白星での王座に「自慢です。頼もしいし、来年もたぶん優勝です」と誇らしげだった。

  • 団体戦決勝の大将戦で日大・片村(左)を攻める東洋大・城山。押し倒しで破り、2連覇を果たした=堺市大浜相撲場
今、あなたにオススメ
Recommended by