2017.11.5 18:41

太陽誘電・藤田、3連続完投実らず「メンタル、技術ともに高めていきたい」/ソフト

太陽誘電・藤田、3連続完投実らず「メンタル、技術ともに高めていきたい」/ソフト

 ソフトボールの日本リーグ女子決勝トーナメント最終日は5日、ナゴヤドームで決勝が行われ、ビックカメラ高崎(リーグ1位)が太陽誘電(同3位)を3-0で下して優勝を決めた。前身のルネサスエレクトロニクス高崎時代を含め、2年ぶり11度目となる。

 太陽誘電は2年連続の準優勝で決勝トーナメント制導入前の1993年以来となる優勝に届かなかった。エース藤田は3試合連続完投の力投も実らず「4強のチームに連投する大変さ、厳しさを身に染みて感じた。メンタル、技術ともに高めていきたい」と今後の課題を挙げた。

 3位決定戦では昨年の決勝の相手で、今季リーグ戦でも2連敗したトヨタ自動車に雪辱した。山路監督は「ステップアップできたと思うけど、優勝は遠いね」と悔しさをにじませた。

今、あなたにオススメ
Recommended by