2017.11.5 17:36

LS北見・藤沢、難しい氷の変化捉え得点につなげる「気を引き締めて集中できた」/カーリング

LS北見・藤沢、難しい氷の変化捉え得点につなげる「気を引き締めて集中できた」/カーリング

特集:
平昌五輪
オーストラリア戦でショットを放つ藤沢。左は吉田夕、右は本橋=エリナ(共同)

オーストラリア戦でショットを放つ藤沢。左は吉田夕、右は本橋=エリナ(共同)【拡大】

 カーリングの世界選手権出場を懸けたパシフィック・アジア選手権第4日は5日、オーストラリアのエリナで1次リーグが行われ、女子は平昌五輪代表のLS北見がオーストラリアを8-2で下し、3連勝で白星を先行させた。

 地元オーストラリアを一蹴したLS北見のスキップ藤沢は「大会の中で一番、氷に変化がある試合だった。相手どうこうより、気を引き締めて集中できた」と誇った。試合途中により曲がるようになった難しい氷面の変化を捉えて得点につなげ、3エンドを残して試合を決めた。

 大会中はほぼ自炊で、白米中心の和食が活力源となっているという。この日の試合前は帯同トレーナー手作りの親子丼を食べて臨んだ。藤沢は「本当にありがたい」と感謝していた。(共同)

  • オーストラリア戦でショットを放つ本橋。左は吉田夕、右は吉田知=エリナ(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by