2017.11.5 17:12

東洋大、6区で4位に後退 山本「選手層の薄さが出た」/駅伝

東洋大、6区で4位に後退 山本「選手層の薄さが出た」/駅伝

5位でゴールする東洋大のアンカー・吉川洋次=伊勢神宮

5位でゴールする東洋大のアンカー・吉川洋次=伊勢神宮【拡大】

 全日本大学駅伝(5日、熱田神宮-伊勢神宮=8区間106・8キロ)東洋大は1区の相沢が味方を勢いづけた。「しっかり流れをつくってつないでいこうと思った」と言う通り先頭に立ち、2大会ぶりの優勝へ向けて順調にトップでリレーした。だが、6区の浅井が区間16位と息切れして4位に後退すると、巻き返す力は残っていなかった。

 4区の山本は「選手層の薄さが出た」と敗因を挙げた。酒井監督は来年1月の箱根駅伝へ向けて飛び抜けた戦力を持つチームはないと分析し「5位だけど中身は良かったし、上を狙っていく」と意欲を口にした。

今、あなたにオススメ
Recommended by