2017.11.3 21:10

男子のSC軽井沢ク、危なげなく3勝目 両角友「勝って自信を積み重ねていけるのはいいこと」/カーリング

男子のSC軽井沢ク、危なげなく3勝目 両角友「勝って自信を積み重ねていけるのはいいこと」/カーリング

特集:
平昌五輪
カタール戦でショットを放ち、行方を見つめる両角友。左は両角公、右は山口=エリナ(共同)

カタール戦でショットを放ち、行方を見つめる両角友。左は両角公、右は山口=エリナ(共同)【拡大】

 カーリングの世界選手権出場を懸けたパシフィック・アジア選手権第2日は3日、オーストラリアのエリナで1次リーグが行われ、

 男子で平昌五輪代表のSC軽井沢クはカザフスタンを8-3で、カタールを19-1で退けて開幕3連勝とした。

 男子のSC軽井沢クは格下相手に危なげなく2勝し、無傷の3勝目。カザフスタン戦は不利な先攻でも得点を重ねた。カタールには19得点の圧勝だった。スキップ両角友は「(ツアー大会を転戦した)カナダで負けてきたので、相手はともかく、勝って自信を積み重ねていけるのはいいこと」と納得顔を見せた。

 大量リードに気を緩めず、変化する氷上への対応という課題に力を注ぐ。4人で連係を密にし、サード清水は「いい情報交換ができている。安定感が出てきている」と成果を口にした。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by