2017.11.3 14:58

沙羅、国内初戦でV!「現時点で、やれる限りのことはできた」/ジャンプ

沙羅、国内初戦でV!「現時点で、やれる限りのことはできた」/ジャンプ

特集:
高梨沙羅
優勝を決め、笑顔の高梨沙羅=宮の森

優勝を決め、笑顔の高梨沙羅=宮の森【拡大】

 ノルディックスキー・全日本選手権ジャンプ第1日(3日、札幌市宮の森ジャンプ競技場=HS100メートル、K点90メートル)

 来年2月の平昌五輪を控えたシーズン国内初戦で、女子は高梨沙羅(21)=クラレ=が1回目に94メートル、2回目に93・5メートルを飛び、合計234・5点で優勝。「すごくうれしい。現時点で、やれる限りのことはできた」と笑みを浮かべた。伊藤有希(23)=土屋ホーム=は97・5メートル、83メートルで合計217・4点で2位だった。

 男子は小林潤志郎(26)=雪印メグミルク=が98メートル、97・5メートルで合計252・0点で制した。葛西紀明(45)=土屋ホーム=は92メートル、94メートルの合計228・5点で6位だった。

  • 2位になった伊藤有希の2回目=宮の森
  • 表彰式で笑顔の(左から)2位の伊藤有希、優勝した高梨沙羅、3位の勢藤優花=宮の森
  • 表彰台で2位の伊藤有希(左)と話す高梨沙羅(右)=札幌市・宮の森ジャンプ競技場(撮影・高橋茂夫)
今、あなたにオススメ
Recommended by