2017.11.3 17:31

安藤美姫、平昌五輪開催の江原道観光広報大使に「日本と韓国の絆を強めていきたい」

安藤美姫、平昌五輪開催の江原道観光広報大使に「日本と韓国の絆を強めていきたい」

 2018年冬季五輪を開催する平昌がある韓国北東部の江原道は3日、フィギュアスケート女子の元世界女王、安藤美姫を観光広報大使に任命した。春川の江原道庁で開かれた記者会見で、安藤は「日本と韓国の絆を強めていきたい」と笑顔で抱負を述べた。

 日本で平昌五輪に関するイベントに参加したことが就任のきっかけとなったという。江原道の印象について「自然に恵まれているところが魅力。日本でも有名な(韓流ドラマの)冬のソナタが撮影された場所にぜひ行ってみたい」と話した。自身は五輪に2度出場。「平昌からたくさんの感動と、出会いの輪が世界に広がってほしい」と思いを語った。

 江原道の崔文洵知事は「日本で平昌五輪のことをたくさん伝えてほしい」と期待した。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by