2017.11.3 11:00(1/3ページ)

【二十歳のころ 井上康生(4)】「世界の山下」から学んだ指導の基本

【二十歳のころ 井上康生(4)】

「世界の山下」から学んだ指導の基本

特集:
二十歳のころ
井上(右)は現役時代、東海大を率いた山下泰裕氏(左)から稽古を受けた。男子日本代表の監督しての指導のルーツになっている

井上(右)は現役時代、東海大を率いた山下泰裕氏(左)から稽古を受けた。男子日本代表の監督しての指導のルーツになっている【拡大】

 情熱、創意、誠意。これを、男子日本代表を率いる監督として指導の3本柱に掲げている。

 特に、選手の創意を育む狙いで、知識を提供する機会を多く与えている。やみくもに努力するのではない。自ら考えてレベルアップを図ることのできる柔道家を育成するのが本望なんだ。

 「人の話をよく聞きなさい」「本や新聞を読みなさい」と、ことあるごとに選手に伝えている。本や新聞や人の話には、創造力を膨らませる宝が眠っているように思うからね。

 以前、強化合宿に、われわれのスポンサーであるスポーツメーカー「ミズノ」で会長を務めた水野正人さんを招いた。仕事での成功例と失敗例を大きなテーマとして、講演してもらった。警視庁特別捜査官に来てもらったこともある。薬物や反社会的勢力から、いかにして身を守るか。そんな講話は大いに役立った。

 日本代表には「講義班」というスタッフによる組織がある。強化合宿を行う際、そのメンバーを中心にして時期にふさわしい勉強会を設けるために結成した。例えば、試合前だったらドーピングや栄養管理を主題にする。ときに選手には感想文を書かせて、考えを整理させているよ。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by