2017.11.1 18:58

パラ選手も公式ウエア着用で決意 新田「2種目で金メダルを取りたい」

パラ選手も公式ウエア着用で決意 新田「2種目で金メダルを取りたい」

 来年の平昌冬季五輪・パラリンピックの開閉会式や表彰式で日本選手団が着用する公式ウエアが、同五輪の開幕まで100日となった1日、東京都内でお披露目された。朝日をイメージした鮮やかな「サンライズレッド」を基調にし、優れた保温性や軽さが特長。発表会に出席したノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(土屋ホーム)は「選手の燃えるような気持ちにぴったり」と好印象を口にした。

 車いすの選手には汚れやすい袖の部分が分厚くつくられており、パラアイスホッケーの高橋和広(東京アイスバーンズ)は「ストレスなく移動できると思う」と話した。

 来年3月開幕の平昌冬季パラリンピックで活躍を期す選手も公式ウエアに身を包み、決意を口にした。ノルディックスキー距離男子の2010年バンクーバー・パラリンピック覇者、新田佳浩(日立ソリューションズ)は「2種目で金メダルを取りたい」と話した。

 パラアイスホッケーの日本代表は10月の最終予選で出場権獲得を決めた。主将の須藤悟(北海道ベアーズ)は「一戦一戦しっかり戦いたい」と引き締まった表情だった。

今、あなたにオススメ
Recommended by