2017.11.1 13:05

平昌五輪の聖火、韓国到着 2018キロのリレー開始

平昌五輪の聖火、韓国到着 2018キロのリレー開始

平昌冬季五輪の聖火を運ぶキム・ヨナさん(右)ら=韓国の仁川国際空港(共同)

平昌冬季五輪の聖火を運ぶキム・ヨナさん(右)ら=韓国の仁川国際空港(共同)【拡大】

 平昌冬季五輪の開幕まで100日となった1日、ギリシャで採火された聖火が韓国の仁川国際空港に到着した。大会の広報大使で2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート女子金メダルのキム・ヨナさんらが、聖火が入ったランタンを手に飛行機を降り、駐機場のステージに準備された燭台に火をともした。

 聖火は10月24日に古代五輪発祥の地、オリンピア遺跡で採火された。ギリシャ国内を巡った後、31日に大会組織委員会に引き渡された。到着セレモニーで組織委の李煕範会長は「聖火リレーは五輪の開始を告げる最初のイベント。皆さんの情熱を集めて、大会を成功させたい」と述べた。

 仁川市内で韓国での聖火リレーがスタートし、最初の走者はフィギュア女子の同国のホープ、13歳の劉永が務めた。韓国国内でのリレーは開催年にちなんだ2018キロの距離を7500人がつなぐ。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by