2017.10.28 10:00

【サンスポ×日体大】水球・足立、世界NO・1プレーヤー!!

【サンスポ×日体大】

水球・足立、世界NO・1プレーヤー!!

特集:
サンスポ×日体大
水球・足立聖弥

水球・足立聖弥【拡大】

 2020年東京五輪開幕まであと1000日。出身大学別最多の五輪メダリスト62人を輩出している日体大とコラボレーションした長期連載の第3回は、メダル獲得を狙うアスリートが「1000日前の誓い」を直筆で発表する。体操の世界選手権(カナダ・モントリオール)個人総合銅メダルの白井健三(21)=3年=や、柔道の世界選手権(ブダペスト)男子66キロ級王者、阿部一二三(ひふみ、20)=2年=らが決意を表明。さらに、サンケイスポーツ作成のアンケートに応じ、今後の競技と私生活の目標を具体的に設定した。 (取材構成・角かずみ、石井文敏、鈴木智紘)

 水球男子日本代表「ポセイドンジャパン」のイケメンエース、足立聖弥(4年)は「世界NO・1プレーヤー」になることを誓った。3年後の東京五輪で「得点王になる。ベスト4に入る」ため、1年後の2018年から「ヨーロッパのプロリーグへ行く」ことを目標に設定した。「何年経っても水球が好きで、死ぬまで関わり続ける」と水球愛は人一倍だ。

足立 聖弥(あだち・せいや)

 1995(平成7)年6月24日生まれ、22歳。岐阜県出身。埼玉・秀明英光高から日体大。2015年世界選手権代表。16年リオデジャネイロ五輪にチーム最年少で出場。1メートル72、74キロ。

今、あなたにオススメ
Recommended by