2017.10.22 00:08

フリーを終えた羽生結弦「脚がくたくたになるまで滑ることができる幸せを感じながら試合をしていた」/フィギュア

フリーを終えた羽生結弦「脚がくたくたになるまで滑ることができる幸せを感じながら試合をしていた」/フィギュア

特集:
羽生結弦
男子フリーで4回転ルッツを跳ぶ羽生結弦=モスクワ(共同)

男子フリーで4回転ルッツを跳ぶ羽生結弦=モスクワ(共同)【拡大】

 フィギュアスケート・ロシア杯最終日(モスクワ21日)平昌五輪シーズンのグランプリ(GP)シリーズ第1戦として行われ、男子はショートプログラム(SP)2位の羽生結弦(22)=ANA=が初挑戦の4回転ルッツを決めたフリーで1位となったが、合計290・77点で2位に終わった。SP1位のネーサン・チェン(18)=米国=が合計293・79点でGP初優勝を飾った。

 羽生は「脚がくたくたになるまで滑ることができる幸せを感じながら試合をしていた。(手応えは)10%にも満たない。ルッツは今の状況ではよくやった」と、自らに言い聞かせるように振り返った。

 演技冒頭に跳んだ4回転ルッツで膝を深く曲げて着氷をこらえた。続く4回転ループが3回転になるなど影響はあったが、自身4種類目の4回転となる大技は出来栄え点がつく評価を得た。

 過去7季で優勝を逃してきたGP初戦だったが、フリーだけなら1位。「試合で(4回転ルッツを)決められたことは大きい」と自己評価していた。

  • 男子フリーで演技する羽生結弦=モスクワ(共同)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=ロシア・モスクワ(撮影・納冨康)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=モスクワ(共同)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=ロシア・モスクワ(撮影・納冨康)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=モスクワ(共同)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=モスクワ(共同)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=ロシア・モスクワ(撮影・納冨康)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=モスクワ(共同)
  • 冒頭のジャンプの4回転ルッツの着氷を持ちこたえる羽生結弦=ロシア・モスクワ(撮影・納冨康)
  • 男子フリーの演技が終了し、ブライアン・オーサーコーチと抱き合う羽生結弦=ロシア・モスクワ(撮影・納冨康)
  • 男子フリーの演技を終え、コーチのブライアン・オーサー氏(右)と話す羽生結弦=モスクワ(共同)
  • フィギュアスケートのロシア杯で2位になり、記者会見後の撮影で笑顔を見せる羽生結弦(左)と優勝したネーサン・チェン(中央)=モスクワ(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by