2017.10.21 21:30

羽生、初挑戦の4回転ルッツ着氷も2位に終わる/フィギュア

羽生、初挑戦の4回転ルッツ着氷も2位に終わる/フィギュア

特集:
羽生結弦
男子フリーで演技する羽生結弦=ロシア・モスクワ(撮影・納冨康)

男子フリーで演技する羽生結弦=ロシア・モスクワ(撮影・納冨康)【拡大】

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第1戦ロシア杯(21日、モスクワ)男子はショートプログラム(SP)2位発進のソチ五輪金メダルの羽生結弦(22)=ANA=が合計290・77点で2位に終わった。フリーは195・92点だった。SP1位のネーサン・チェン(18)=米国=が合計293・79点で優勝した。

 2季ぶりに映画「陰陽師(おんみょうじ)」で使用された楽曲「SEIMEI」でのフリーの演技。羽生は冒頭で自身4種類目の4回転ジャンプとなるルッツを決めた。続く4回転ループは、軸が傾きとっさに3回転に変更。基礎点が1・1倍となる後半、ジャンプのミスが続き、連続ジャンプの予定が単独ジャンプになるなど苦しい展開に。予定していた4回転ジャンプ5つのうち、成功は3つだった。

 羽生は演技後、納得のいかないような厳しい表情を浮かべた。フリーの点数はチェンの193・25点を上回り1位だったものの、SPでの5・69点差を上回ることはできず、逆転はならなかった。 

 20日のSPでは、冒頭の4回転ループが回転不足。最後の4回転-3回転の連続トーループは2本目で転倒。攻めの構成を貫く演技で94・85点と、今季初陣の9月のオータム・クラシックで更新した自身の世界歴代最高を20点近く下回っていた。

  • 男子フリーで演技する羽生結弦=ロシア・モスクワ(撮影・納冨康)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=モスクワ(共同)
  • 男子フリーで4回転ルッツを跳ぶ羽生結弦=モスクワ(共同)
  • 冒頭のジャンプの4回転ルッツの着氷を持ちこたえる羽生結弦=ロシア・モスクワ(撮影・納冨康)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=モスクワ(共同)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=モスクワ(共同)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=モスクワ(共同)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=モスクワ(共同)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=ロシア・モスクワ(撮影・納冨康)
  • 男子フリーの演技が終了し、ブライアン・オーサーコーチと抱き合う羽生結弦=ロシア・モスクワ(撮影・納冨康)
  • 男子フリーの演技を終え、コーチのブライアン・オーサー氏(右)と話す羽生結弦=モスクワ(共同)
  • フィギュアスケートのロシア杯で2位になり、記者会見後の撮影で笑顔を見せる羽生結弦(左)と優勝したネーサン・チェン(中央)=モスクワ(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by