2017.10.14 00:36

日本・中北監督、3連勝を喜ぶ「ここまでは100パーセント」 パラアイスホッケー

日本・中北監督、3連勝を喜ぶ「ここまでは100パーセント」 パラアイスホッケー

第1ピリオド、パスを出す熊谷=エステルスンド(共同)

第1ピリオド、パスを出す熊谷=エステルスンド(共同)【拡大】

 パラアイスホッケーの平昌冬季パラリンピック最終予選は13日、スウェーデンのエステルスンドで行われ、既に出場を決めている日本はスロバキアを4-2で退け、3戦全勝とした。

 日本は平昌パラリンピック出場決定後最初の試合で、スロバキアから4得点して勝利。中北監督は「ここまでは100パーセント。(選手を)褒めてあげたい」と3連勝を喜んだ。

 気の緩みを見せず、序盤の得点で勢いに乗った。第1ピリオド開始直後、堀江が先制。その後も鮮やかな連係から加点して3-0とした。追い上げられた第3ピリオドにも得点した堀江は「(点は)誰が取っても、勝てればいい」と笑った。

 14日には最終予選1位通過を懸け、チェコと対戦する。監督は「平昌を占う上で大切な試合。頑張りたい」と全勝を誓った。(共同)

  • 第1ピリオド、先制ゴールを決める堀江=エステルスンド(共同)
  • 第1ピリオド、先制ゴールを決め喜ぶ堀江(手前)と熊谷=エステルスンド(共同)
  • 第1ピリオド、2点目を決め喜ぶ児玉(左)と堀江=エステルスンド(共同)
  • 第1ピリオド、3点目を決め喜ぶ熊谷(右)と堀江=エステルスンド(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by