2017.10.8 05:05(1/2ページ)

三原、147・83点の“自己ベスト”!日本は2位で3連覇逃す/フィギュア

三原、147・83点の“自己ベスト”!日本は2位で3連覇逃す/フィギュア

会心の演技をみせた三原。持ち味の安定感を発揮した

会心の演技をみせた三原。持ち味の安定感を発揮した【拡大】

 フィギュアスケート・ジャパン・オープン(7日、さいたまスーパーアリーナ)男女2人ずつがフリーを滑って合計点を競う日本、北米、欧州によるチーム対抗戦。日本は、合計614・93点の2位に終わり、3連覇を逃した。それでも女子の三原舞依(18)=シスメックス=が国際連盟には公認されないが、自己ベストを上回る147・83点で2位と健闘し、観客を沸かせた。今季シニアデビューの本田真凜(16)=大阪・関大高=は133・41点で5位だった。なお欧州が615・35点で優勝した。

【続きを読む】

  • 3連覇を逃し、惜しくも2位の日本(左から織田さん、宇野、三原、本田)。平昌五輪シーズンの幕開けだ(撮影・納冨康)
  • 三原舞依・フリー得点詳細
  • ジャパン・オープン個人成績
  • チーム対抗戦成績
  • キスアンドクライで最終滑走の宇野昌磨の得点が出て日本の2位が決定した日本チームの選手ら。(左から)三原舞依、宇野昌磨、本田真凜、織田信成=さいたまスーパーアリーナ(撮影・納冨康)
  • 2位に終わった日本チームの(左から)三原舞依、本田真凜=さいたまスーパーアリーナ(撮影・納冨康)
  • 会見で笑顔を見せる本田真凜。(左から)宇野昌磨、三原舞依、本田真凜=さいたまスーパーアリーナ(撮影・納冨康)
  • フリーの演技を行う三原舞依=さいたま市・さいたまスーパーアリーナ(納冨康撮影)
  • 演技する三原舞依=さいたまスーパーアリーナ
  • 演技する三原舞依=さいたまスーパーアリーナ
  • 演技する三原舞依=さいたまスーパーアリーナ
  • フリーの演技を終え、ガッツポーズを出す三原舞依=さいたまスーパーアリーナ(納冨康撮影)
今、あなたにオススメ
Recommended by