2017.10.7 23:09

渡辺啓、転倒に後悔しきり「一番してはいけないミスだった」/Sトラック

渡辺啓、転倒に後悔しきり「一番してはいけないミスだった」/Sトラック

 スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)第2戦第3日は7日、オランダのドルトレヒトで行われ、男女とも1500メートルの日本勢は準決勝で姿を消した。

 男子1500メートル準決勝で渡辺啓太は残り3周で転倒した。3番手につけ、勝負どころに備えた瞬間の出来事。「後続がペースを上げてきても戦えたと思う。一番してはいけないミスだった」と後悔しきりだった。

 序盤から集団の2~3番手につけ、本人は「決勝も視野に入っていたし、理想的な展開だったと思う」と手応え十分だっただけに、悔しさは募る。「転倒しなければどうだったか。本当に悔しい」と表情をゆがめた。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by