2017.10.7 01:07

1000Mで女子は酒井、男子は吉永が準々決勝進出/Sトラック

1000Mで女子は酒井、男子は吉永が準々決勝進出/Sトラック

男子1000メートル予選で滑走する吉永一貴=ドルトレヒト(共同)

男子1000メートル予選で滑走する吉永一貴=ドルトレヒト(共同)【拡大】

 スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)第2戦第2日は6日、オランダのドルトレヒトで行われ、女子1000メートルで酒井裕唯(保健科学グループ)が準々決勝に進出した。ともに18歳の神長汐音(長野・小海高)と渡辺碧(東京・武蔵野高)は予選で敗退した。

 男子1000メートルでは吉永一貴(愛知・名古屋経大市邨高)が準々決勝に進んだが、坂爪亮介(タカショー)と渡辺啓太(阪南大職)は落選した。

 女子3000メートルリレーで神長、酒井、菊池純礼(トヨタ自動車)、菊池悠希(ANA)の日本は予選2組を2着で、男子5000メートルリレーで渡辺、坂爪、吉永、横山大希(トヨタ自動車)の日本は予選4組を2着で通過した。(共同)

神長汐音の話「力を出し切れず、不完全燃焼。作戦がうまくいかなかった。無駄に脚を使わなければ、最後までついていけたと思う」

渡辺碧の話「中国の選手が外から来た時にはうまく反応できたが、加速しようと膨らんだ時に、内側を突かれた。もう少し頭が回れば、やり方を変えていけた」

坂爪亮介の話「自分の感覚と実際の動きにギャップがある。残り3周の、普段なら仕掛けられるところで動きが良くなかった」

  • 女子1000メートル予選で滑走する酒井裕唯=ドルトレヒト(共同)
  • 女子1000メートル予選で滑走する神長汐音=ドルトレヒト(共同)
  • 女子1000メートル予選で滑走する渡辺碧(手前)=ドルトレヒト(共同)
  • 男子1000メートル予選で滑走する渡辺啓太=ドルトレヒト(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by