2017.10.7 17:35

母が日本人の李恩朱は22位「緊張して力を出し切れなかった」/体操

母が日本人の李恩朱は22位「緊張して力を出し切れなかった」/体操

 体操・世界選手権第5日(6日、カナダ・モントリオール)母親が日本人で福本麻衣の日本名を持つ18歳の李恩朱(韓国)が初の世界選手権で個人総合決勝の舞台を経験した。22位という結果に「緊張して(力を)出し切れなかった」と振り返った。

 昨年のリオデジャネイロ五輪では北朝鮮選手との「自撮り」で注目された。「撮りたくて撮っただけ。あんなに大きく取り上げられるとは思わなかった」という。

 リオ五輪は韓国の代表選手が故障したことで繰り上がり、今回の決勝も上位に棄権者が出たことで出場機会が訪れた。「お母さんに『運がいいね』と言われた」と笑った。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by